2011年05月17日

マシュマロの作り方

マシュマロはフランス語でギモーブです。

材料は
卵白、砂糖、水あめ、水、ゼラチン、色粉
です。

鍋に砂糖、水、水あめ、色粉を入れて125度まで煮詰めます。200度くらいまではかれる温度計を利用しながら正確に温度をはかりました。

最初は混ぜません。静かにおいておきます。温度が高くなってきたら混ぜても良いようです。110度を越えたあたりからメレンゲを作りました。

125度になれば、ボウルの端からシロップをいれます。ボウルの端から入れるのは、シロップの温度を下げるためです。
IMG_3978.jpg

125度のシロップを入れた後、ボウルがすごく熱くなっていたのでびっくりしました。ゼラチンをいれると、すぐにゼラチンはとけていきます。

しばらく泡立てた後にクッキングシートにコーンスターチと粉砂糖を1対1で混ぜた粉を振り、その上にセルクルをおき、その型に流して冷やしました。

固まったら包丁で切ります。切るとき、包丁にコーンスターチと粉砂糖の粉が混ざったものをつけながら切ると、切りやすいです。また、マシュマロの切った断面にも軽く粉をつけます。きり方が下手糞だと、きれいな直方体になりません。片面がグッと上がったような形になるので注意です。
IMG_3986.jpg


posted by あんぱんまん at 11:24| マシュマロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。