2010年06月16日

シャルロット・オ・ポワ−ル

シャルロット・オ・ポワールを作りました。ポワールは洋ナシという意味です。

最初に卵白だて泡立てます。卓上ミキサーを利用してあわ立てました。

少し角が立つくらいまであわ立てた後、グラニュー糖を3分の1ずつ分けて入れます。最初の3分の1のグラニュー糖をいれたあと、10分立てまでします。

砂糖を入れると、ツヤのある状態になりました。ただ、混ぜすぎると卵白が水分とたんぱく質に分離するので要注意です。

次に茶こしでこした卵黄とメレンゲを混ぜます。最初にメレンゲを少しとり、卵黄と混ぜます。その後卵黄とメレンゲをミックスしたものをメレンゲ本体のなかに入れていきます。

混ぜたら、8割ぐらいが混ざった状態までゴムベラで混ぜます。このとき切るように混ぜます。このとき、泡だて器でグルグルまぜると、泡がつぶれてしまいます。

次に薄力粉を入れます。ここでもざっくりと混ぜて混ぜすぎないようにします。粉気がなくなればクリームを入れる袋(搾り袋)に入れます。

そして型にクリームを入れていきます。口金は1センチです。なので、絞り袋からでてきたクリームも1センチになるように垂らすように型にいれます。型は棒状や渦巻状、涙型がありました。

棒状のクリームはシャルロット・オ・ポワ−ルの横の部分、渦巻状はシャルロット・オ・ポワ−ルの底、そして涙型は上の部分になります。

型にいれたクリームはオーブンで焼きます。焼いた後、これまた型にセットします。

次にババロアを作ります。

まず、卵黄を混ぜます。そしてグラニュー糖を入れます。沸騰させたバニラの鞘入りの牛乳を卵黄&グラニュー糖が混ざったものの中に流し込みます。

弱火でトロトロになるまで熱を入れます。このとき、しっかりと液体を混ぜないと底の部分だけ固まってきます。卵黄は熱で固まるので注意!

火をはずして状態をみながら、様子をみます。次に水でふやかし、その後ふきんで拭いたゼラチンを混ぜます。

できたババロアをこします。その後、氷水の中にいれて荒熱をとります。冷やしすぎると固まってきます。固まったらもう1度湯銭にかけて溶かします。

バニラエッセンスを卵黄&グラニュー糖&牛乳が混ざった液体の中に3滴いれます。

8分立て?の生クリーム混ぜます。これでババロアの出来上がり。このババロアを型の中にいれます。固めるために冷凍庫?にいれます。

洋ナシを5ミリ幅に切り、アプリコットジャム(杏ジャム)を塗り、最後にピスタチオをのせて完成です!





IMG_2325[1].JPG
posted by あんぱんまん at 22:45| Comment(0) | シャルロット・オ・ポワ−ル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。