2010年07月09日

フルーツのバターケーキ

フルーツのバターケーキを作りました。フランス語だとケック・オ・フリュイというそうです。

材料は発酵バターとグラニュー糖、塩、全卵、アーモンドパウダー(アーモンドプードルともいう)、薄力粉、ベーキングパウダー、レーズン、オレンジピール、ラム酒です。

発酵バターというのは日ごろ見かけない食材です。ちょっと調べてみました。発酵バターは乳酸菌を加えて発酵させたバターで通常の無発酵バターに比べて香りが10倍ほど高まるそうです。酸味と独特の香りがするので、好き嫌いは別れるかもしれません。ヨーロッパでは普通に使われているバターのようです。

そのほか、塩を加えるところも面白いです。スイカに塩みたいな感じでしょうか?

1、最初にレーズンを沸騰水の中に入れます。そして水を切り、オレンジピールとラム酒で混ぜます。これがフルーツバターのフルーツになります。

2、クッキンシート?を型に合う形で切ります。型に直接生地を入れると焦げちゃうのでしょうか?

3、発酵バターを泡だて器で混ぜます。発酵バターは18度から20度くらいにしておくと、作業が開始しやすいです。

4、塩とグラニュー糖を発酵バターの中にいれ、しっかりと混ぜます。

5、卵をよく混ぜ、少量ずつ生地の中に入れていきます。混ぜすぎると分離してしまうので注意です。途中、アーモンドパウダーを先に入れます。そしてまた卵を入れます。

6、薄力粉を3分の1ほどいれ混ぜます。このとき、シリコンベラを使い混ぜすぎないようにします。混ぜすぎるとグルテンができてきて、膨らまなくなるのだったかな???

7、薄力粉をすべていれ、オレンジピール&ラム酒&レーズンをいれ、混ぜます。型にいれ、空気を抜き、シリコンベラで平らにした後にオーブンに入れます。

オーブンで焼いた後に、シロップとラム酒を混ぜたものをたっぷりと塗ります。ここらへんの作業はしていないので、忘れてしまいました・・・

最後にアプリコットジャムを塗り完成!!アプリコットジャムは杏のジャムです。ラム酒を使ったちょっと大人のケーキができました!


IMG_2401[1].JPG


posted by あんぱんまん at 08:43| Comment(0) | フルーツのバターケーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。