2010年07月09日

ミルクフレンチロール

材料はカメリア、老麺、生イースト、塩、上白糖、無縁バター、卵、牛乳です。

水を入れず、その分牛乳を使うところが特徴的なパンです。

さて、老麺は前日に作らなければいけないのに、作るのを忘れてテンヤワンヤになりました。前日に次に作るパンをチェックすること、そしてどんな行程なのか、ある程度イメージトレーニングすることは大切ですね。

ミキサーボールにカメリア、塩、生イースト、上白糖を入れ、そこに卵と牛乳を混ぜたものを入れます。老麺を使うときは、通常、私の専門学校だと
4(TD−上昇温度)−(室温+粉温+老麺)
で計算します。

ですが、老麺の使用する分量が少ないので通常の計算で大丈夫です。

Lで2分、Hで5分回したところで無縁バターを入れます。そしてL2分、H4分で回し、つき丸めをし、1次発酵で60分おき増す。パンチをしたあとに30分さらにホイロで寝かせます。

200グラムで分割して細長い形にします。

25分ベンチタイムをとり、成型です。麺棒を使って45センチほど伸ばし、まいていきます。私はまき始めの部分が太くて、ブサイクなミルクフレンチロールができてしまいました。

太さを均一にするのが課題です。

最終発酵を60分とります。

クープで一番上に1本、左右に1本ずつ、その間に1本合計5本の線を入れて上火210度、下火200度で30分焼きます。


成型で失敗したため、明らかにブサイクになったパン、次は麺棒で伸ばすとき、太さを均一にすると意識しながらミルクフレンチロールを作っていきます。

IMG_2403[1].JPG


posted by あんぱんまん at 09:01| Comment(0) | ミルクフレンチロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。